ネイルケア、ハンドケアの天然・オーガニック化粧品

除光液の正しい使い方とは?

皆さま、自爪を育てられてますか?

保湿はされてますか?

ネイルオイル使ってますか??

プリナチュールのスタッフは「保湿とオイル」しか言わないんじゃないか、
なんて言われてしまいそうですが、でもそれが事実なのです。



自爪にとって



乾燥が何よりも大敵



ということを皆さまにお伝えしたいわけです。
とにかく乾燥は爪にとって最もよくないことだと、重々に知っていただければ嬉しいです。

爪保護アイテム

さてプリナチュールでは爪の保護・補強ののために、ベースコートを常に塗っておいたほうがいいとオススメしています。
その方が外因から爪が守られ、爪の保護にも成長にも役立つからです。

しかし、1点注意点があります。

実はベースコートを落とす除光液の使い方を間違えると爪を逆に乾燥させてしまうのです。

なので今回は除光液の使い方についてお話させていただきます。

除光液

まず除光液の使用は最低でも1週間はあけてください。
これはけっこう大切なことです。

ほとんどの除光液にはアセトンという成分が入っているので、乱用すると爪が乾燥してしまうのです。
一方で、下記でご説明いたしますが、ノンアセトン除光液というものもありますが、確かにそれはそれでいいのですが、なにせ肝心のマニキュアがどれも落ちません。
その結果、爪を痛めてしまうことも多々なのです。。

一番爪を傷めてしまう除光液の使い方は
ティッシュなどに除光液を染み込ませ、爪をゴシゴシこすってとることです。
これは本当に良くないです。

ティッシュは除光液をたくさん吸収し、マニキュア落とす成分がすぐに気化するので、
沢山つけたつもりでも少量の除光液でゴシゴシこすりとっている感じになります。

そして、爪の表面を傷つけてしまいます。

なので、除光液を付けたティッシュやコットンで爪をゴシゴシすることが、実は最も良くないのです。

正しい除光液の使い方はこちらです。

1 コットンに除光液を含ませて、爪の上に置く

2 マニキュアの上から除光液がなじむように上から指でクイクイと軽く抑えて動かす

3 コットンをスッと引く。こすらないように注意する

カラーやラメなど落ちにくいマニキュアの場合は、
コットンにたっぷり除光液を染み込ませて爪の上に少し置いてから、落としてください。

このあたりは残念ながらアセトン入りの除光液でないと、なかなか落ちないかもしれません。

そして、長時間、放置しないことも大切です。
結果的に、ノンアセトン除光液だと落ちないので、爪をゴシゴシしてしまい、爪を痛めるという悪い結果になってしまう可能性もあります。

爪をネイルオイルで保湿をして、ベースコートで保護してあげた自爪が除光液で痛んでしまったら悲しすぎますよね。
ぜひ正しく除光液を使って爪を大事にしてあげてくださいね。

もし解らなけいことがありましたら、プリナチュールの実店舗にネイルケア施術にお越しいただければ、店舗におりますネイリストから説明させていただきます。
実際に色々みていただけるので分かりやすいとも思いますよ!

-------------------------------

【プリナチュールの爪や手肌の天然化粧品のご紹介】

1)ネイルケア専門サロンが作った、爪に最高に優しい天然成分100%のネイルオイル、 ネイルケアオイル

2)シアバターとコクムバター、ホホバオイルで作られた天然ケアバター、 ピュアナチュラルバター

3)北海道産てんさい糖とホホバオイルでできた砂糖スクラブ シュガーラースクラブ

4)水とモリンガオイルだけで作られている天然化粧水、ナチュラルミスト

5)美爪になるための爪ケアを自宅で行えるプリナチュールのお得セット、爪のホームケアセット

プリナチュール製品

LCN製品

その他ネイルケア製品

フットケア製品

GOAシリーズ

ナチュラルケアシリーズ

バリリラックスシリーズ

スパバランスシリーズ

スパリチュアル