ネイルケア、ハンドケアの天然・オーガニック化粧品

一人でできる爪のスクエアオフの方法をご紹介!

今日は、みなさまの爪の形のことを書きたいと思います。
皆さんは、ご自宅で爪の形を整える時は何を使われていますか?やはり爪切りですか?

やすりを使ったほうがいいとは聞いたことあるような気がするけど、使い方難しいし、面倒くさいし、結局爪切りを使ってしまう・・・

という方も多いかもしれません。
でも、ネイルケア専門サロン的な意見を言わせていただくと、やはりやすりを使って整えてもらうのがおすすめなんです。

爪やすりを使った爪の整え方

面倒くさいですよね。。。
難しいですよね。。。

でも爪やすりを極力使ってください!
楽に爪切りを使いたいところですが、爪切りはかなり衝撃を与えてしまう上に、乾燥した状態で爪を切ってしまうと二枚爪の原因にもなってしまうこともあるんです。

つまり、日常生活でいきなり爪切りで爪を切ってしまうのは、爪トラブルの原因を生んでしまうようなものなんです。

ただ、そうは言われても、爪やすりを使うことが面倒だと感じる方もいらっしゃると思います。それはごもっともだとも思います。

どうしても爪切りを使われたい時は、できるだけお風呂あがりなど爪が水分を含んだ状態の時に爪切りで切るようにしてください。そうしていただくと、幾分、爪へのダメージは軽減されますので、気持ち安心かもしれません。

さて、ネイルケア専門サロン「プリナチュール」でおすすめしている爪の形は『スクエアオフ』という形です。

このスクエアオフという爪の形ですが、このようなメリットがあります。

1・・・爪が割れにくい
2・・・自分でも整えやすい形である
3・・・ネイルベッド(ピンク色の部分)を大きく育てるのに適している
4・・・爪の両サイドが水平に伸びるので、美しいシルエットに見える
5・・・サイドを残すことにより、爪にカーブができやすい

では、具体的に『スクエアオフ』へのととえ方のポイントをご説明したいと思います。

まず、爪やすりの端を持ち(プリナチュールのやすりの場合は太い方を持ってください)、爪の先端を削り長さを決めます。あまり削りすぎないように注意してください。

次に両サイド、コーナーの順です。
爪が伸びてきてスクエアオフに削っていたつもりが斜めになったり、スッキリシャープなスクエアオフにならない!とお困りの方は、爪のさきっぽ、両サイド共にストレートな形をイメージして削ってください。
四角になるように意識していただくといいかと思います。角度を間違えると先細になるので注意してくださいね。

この時のコツはやすりの角度にあり、爪の先端を削るときの角度は90度にしてください!!そして、スクエアの形にした後に角を落として下さい。
サイドのストレートと先端をつなげるように削ってくださいね。

あと、やすりで削ったあとは、ネイルオイルで必ず爪や指周りも保湿することをお忘れなく!
保湿こそが爪トラブルの最大の解決策です!

と、文章で書いてみましたが、なかなか難しいと思いますので、プリナチュールではご自身でスクエアオフにするための動画を制作しました。
ポイントをまとめた短しい動画になっていますので、さくっと閲覧いただけるかと思います。

ぜひご参考になさってください! それでもどうしても分からない方は、プリナチュールの実店舗にお越しいただき、ぜひネイリストにご質問してみてください! コツなど丁寧にアドバイスさせていただきます!

-------------------------------
【爪や手肌の天然化粧品のご紹介】
ネイルケア専門サロンが実際のサロンワークで使っている 爪やすりの商品ご紹介ページはこちらです。


ネイルケア専門サロンの自信作。自爪のためのにオーガニック成分のネイルオイル、 PNネイルケアオイルの商品ご紹介ページはこちらです。

プリナチュール製品

LCN製品

その他ネイルケア製品

フットケア製品

GOAシリーズ

ナチュラルケアシリーズ

バリリラックスシリーズ

スパバランスシリーズ

スパリチュアル